「つぶやき」更新2月末分

世の中の不安も拡大中です。横浜FCのゲームスチュアート活動も開幕早々に、中止になってしまいました。
いつ頃、終息するのか…今や、国難の局面ですね(>_<)

2020.2.29
社長のつぶやき2020
「コロナ流行」
お正月を過ぎたあたりから、話題になりかけていた、中国の武漢という都市でどうも新種のウィルスによる肺炎が多発しているらしい…そんなニュースから、地元に駐在している日本人を帰国させる…横浜に寄港予定の客船からの乗客が下船できなくなった…こんなニュースが繰り返されていくうちに、陽性の反応の出た感染者が増えていき、このペースはいよいよ他人事でなくなってきました。今になって国内はもとより、世界中で感染者や死亡のニュース一色です。 この脅威の不安が増すばかりの世の中の雰囲気と国(政府)の後追いの感じを責め立てるマスメディアですが、あれこれ言うマスコミも最初のうちは中国の騒ぎを対岸の火事的に取り上げていたと思う。政府もだけど、マスメディアも似たようなものかも! (*´Д`) 飛行機で帰国した人たちの一時滞在のホテルのお弁当が…とか客船の生中継をいかにもワイドショー的な取り扱いでした。多少のんびり構えてしまっていた日本人の「人の好さ」が災いして、この先の拡大を「封じ込める」「くい止める」ことを不可能にして、もはや「流行」している状態になってしまっていると思います。 
世界的な流行は確かに脅威で不安いっぱいです。国やお医者様や専門家と呼ばれる人たちの力にすがるだけですが、自分たちに何ができるかといえば、新型コロナウィルスに限らずインフル対策と同様の予防策を励行するくらいでしょうか…。この流行をくい止める…ピークの山を後ろへ…山を低く…その対策に期待するしかありませんが、終息の時期はいつごろ来るのか…? (+o+) この不安と同時に日常の生活や仕事にも影響が出ています。マスクや消毒液不足は当初から騒がれていますが、僕らの業界で身近な問題は住設機器の物流を含めた商材の受発注が宙に浮いてしまって復活の日時が読めないこと。お客様との工事のお約束ができない状態が続いてしまうこと。また日々の日用品や野菜などの生鮮食品。それにとどまらず、レトルト・冷凍食品等の加工品とか…。経済が止まって混乱となり…生活用品全般が手に入らないような光景になるんじゃないかと。昔に見たトイレットペーパーの買い占め騒動のようにそんな最悪な光景は見たくもありません。これからの一カ月が皆さんの仕事と日常生活を占う3月になりそうです。前向きな気持ちを持ち続けたいと思いますが少し冷静に怖がりたいと思います。 どうぞ皆様も体調管理を怠りなく!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント